ホームページのデザインで押さえてくポイントとは!?教えたくない内容を伝授!

ファーストビューの考え方を押さえておこう

ファーストビューとは、ホームページの頭とも言える場所で、初めて訪れて見える範囲を現した言葉ですよ。コンテンツの文章の質が高くても、ファーストビューが悪ければコンテンツのイメージを損ねてしまう可能性があります。例えば、道端の路上で販売をしている雑誌としっかりとした店舗で購入する同じ雑誌を購入した場合、満足感に違いが現れる事もありますよね。このファーストビューは、何を伝えたいサイトなのかしっかりと示す事がポイントになりますよ。中には、沢山の情報を掲載すれば、一つは興味を抱くだろうと思い様々な情報を掲載して煩雑な内容になってしまう事があるため注意が必要と言えるでしょう。

起承転結の四つの情報量

文章を構成する場合は、起承転結が重要と言われていますが、ここで語る起承転結は文章を構成する内容では無く、この四つの四についてです。ホームページの多くは1ページに対して、見える範囲に対して二画面ぐらいの情報量で構成されています。三画面ぐらいでは少し情報量が多いとしか感じてくれない事もありますが、四画面ぐらいの情報量であれば、ページに対する情報量が多いと思ってもらう可能性が高くありますよ。これぐらいの情報量でページを作成すれば、滞在時間を伸ばしてもらえる可能性もあり、記憶に強く刻んでもらえる可能性が高くなると言えるでしょう。

モデルなどを扱ったデザインは脳の負担を軽減する

人の脳には左脳と右脳と呼ばれる脳があり、左脳は文章の理解などの理解を行う内容に対して処理を行ない、右脳はイメージや音楽などの処理を行なっていると言われていますよ。二つ脳がバランス良く、お互いを支えあいながら処理を行う事が望ましいと言われていまして、片方ばかりの内容に対して処理が働くと脳に負担がかかるとも言われています。つまり、文章ばかりで構成された内容とは、左脳に負担を与えてしまう可能性があり、モデルなどを扱って適度にイメージで分かり易く伝えて行く事によって、脳の負担を軽減する事が可能になりますよ。見ている方が心地良いページだと判断されれば、そこには快感が生まれ、好印象を与える事も可能と言えるでしょう。

レスポンシブwebデザインとは、WEBサイトを見るために使用する機器の表示画面の大きさを判断基準として、ページをレイアウトする手法です。