本当にネットワークパトロールってあるの?

ネットワーク監視の強化

現在の高度情報化社会により、ネットワーク環境を利用した様々な問題が頻繁に発生しています。「詐欺」「重要データの盗み見」などといった個人情報保護法などに反した問題などが発生しています。情報倫理を守った情報リテラシーを守っている側に被害が出ていることから、それらを防ぐ目的でネットワーク監視などされており、サーバなどを通して人物を特定することなどができるシステムなどが構築されており、ネットワーク監視は、ネットワークルールを守るために実施されているパトロールともなります。

知っていて得するネットワーク監視

企業などが取り入れているネットワークに無断で侵入している者などがいるか、いないかなどを公的に監視をすることを認められている役割の者がいます。それは、ネットワーク監視という仕事となり、不正行為となる不正アクセスや不正に個人情報などを収集していないかなど、ネットワークが正しく、だれでも安心して利用ができるような社会になるように監視をするのが役割となります。また、不正を発見した場合は摘発などもできる権利を持っています。

ネットワーク監視あるある

個人情報保護法など、人の権利を害する行為は決して許されることがない行為となります。しかし、情報技術の発展、ネットワーク技術の発展、コンピュータの発展などから様々な問題が頻繁に発生しています。それらも未然に防ぐために巡視、パトロール的な存在となるのがネットワーク監視となります。対策の一つとなり、ネットワーク監視を充実させたことによって問題などが減少してくるなど環境改善に非常に役立っている、重要な部分となります。

コンフィグとは英語で“設定”を意味する「コンフィグレーション」の略で、IT用語ではコンピューター・サーバーやOSなどの設定を指します。そのためそれらを管理することをコンフィグ管理と言います。