ポスターのデザインは色の選択が効果を左右する!その内容とは?

メインカラーがポスターの全体の印象を決定づける

メインカラーと言うのは、ポスターの中でも最も多く利用される色であり、その色が全体の印象を決定づけてしまう事がありますよ。例えば、人物画像の背景を真っ赤にすれば、情熱や熱意を伝える事が可能であり、薄いピンクを扱えば同じ人物でも優しさを伝える事が可能ですよね。メインカラーの違いによって人に与えるイメージが大きく変わる事もあるため、どの様な印象を伝えたいのかを明瞭化をして目的に合うメインカラーを選ぶ事が大切と言えるでしょう。

ベースカラーはポスターその物の印象を与える色

ベースカラーと言うのは、背景色になりメインカラーがベースカラーとして扱われる事もあります。メインカラーとベースカラーの違いは、例えば、背景色を白とした白黒だけで表現する場合において、イラストや文字が全て黒の場合はメインカラーは黒色になり、ベースカラーは白になりますよ。ベースカラーもメインカラーの様に全体の印象を決定づける色ですが、ポスターのコンテツの内容に印象を与えるよりは、コンテツに関わりなくポスターその物の印象に対して影響を与える色と言えるでしょう。

アクセントカラーが人に注意を向けさせる

アクセントカラーと言うのは、人の意識がそこに集まり易い色です。ポスターではありませんが、口元にホクロなどが付いている人の顔には、ホクロに意識が集まる事がありますよね。白黒のポスターに対して、少しだけ赤文字で書いた文章があれば、その赤色に意識が集まる事もあります。アクセントカラーの色とは、決められた色ではありませんが、メインの色に対して相性が悪いとされる補色の色をワンポイントして扱う事で、効果を高めれると言われていますよ。相性が悪いと言うのは、正反対を現す内容であり、水と油の様な関係がお互いを引き立て合う効果と言えますよね。

格安コピー印刷では、高品質な印刷を少ない費用で依頼できるため、印刷に対するコスト削減に大変効果的です。