LINEスタンプをつくる方法について紹介します!

LINEスタンプをつくる流れ!

LINEスタンプは、個人でも作ることが出来るようになってから、非常に幅が広がりました。当然、多くの人が行っているということもあって競争率が高いのですが、その流れについて紹介していきます。まず、LINEスタンプを作るときは40個という膨大な数のスタンプを作らなければなりません。そして、全て作り終えたら審査にかけて審査に通ったら商品かとなります。一連の流れで簡単なように思えるのですが、意外と複雑なのがこのLINEスタンプです。

LINEスタンプを作るにあたって

LINEスタンプを作るにあたって必要なことは、根気とアイデアです。40個も作るとなると、流石に精神的にくるものがありますから、それに耐えながら行うことが必要になってきます。アイデアに関しても同様なのですが、40個の制作は容易ではないために、かなりのアイデアが必要になってきます。ある程度案が決まっているなら作り始めても良いですが、案がない場合に始めてしまうと必ず行き詰ってしまうことがあるために、よく注意しなければなりませんよ。

LINEスタンプを簡単に作ろう!

LINEスタンプは基本的に、パソコンやスマホのアプリを使用して作っていくのですが、デジタルでの作業になるために、道具を揃えないと行うことができません。しかし、最近では手書きのものでも審査の対象になるようになったために、鉛筆などで一度紙に書いて下書きをすることによって、スキャンすることでスタンプの原型になることもあります。もちろんコストもかかりませんし、無料で作ることができますから、利用しておくと便利なサービスですよ。

LINEスタンプはその名の通り、LINEで使えるスタンプです。絵文字と同じ感覚で文面上の気持ちを相手に伝えます。種類はかなり豊富で無料で使える手軽なものから有料のものまであり、とても人気です。